シール・ステッカーに使う素材

シール・ステッカーやラベルの素材には、表面素材・粘着剤・剥離剤の3層から構成されたロール状のものを使い目的や用途にあわせて組み合わせが違います。非耐水性の紙素材と耐水性があるフィルム系の2種類があり価格が安いのは紙です。用途・貼る材質・接着力で同じデザインでも素材が違うと変わります。また、同じ剥がせるタイプの材料でも糊が弱いタイプと強い粘着の強粘着再剥離糊もあり用途により使い分けも出来ます。

一般的なシール・ステッカーに使うものはいくつかあり、上質紙は安価ですが表面が荒く印刷仕上がりは他と比べると劣り、55Kgは薄くて70Kgは普通・90Kgは厚く色紙タイプもあります。アート紙は表面を目止めしてあり上質紙と比べて印刷の仕上がりが良く、少し光沢がありますがコート紙ほどではなく価格はミラーコートと同じです。ミラーコートは表面を鏡面加工してあり光沢があって低価格ですが綺麗なのでおすすめです。マット紙はマット調の非塗工素材で上質系だと印刷でインキが沈み写真やグラデーションが多い絵柄だと向いてませんが、反面単色の特色シールに向いてます。

マット紙は上質よりもしっかりしていてマット調の風合いがいい時に最適で箱推しなどをしても仕上がりがいいです。シール・ステッカーでも塩ビ系は、耐候性と耐水性に優れていて屋外で使うときに適していてフィルム厚は80ミクロンと100ミクロンがありますが今はあまり使われてません。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です