シール・ステッカーで視覚に訴える

自社の強みを宣伝するにあたり、文章を活用する方法はポピュラーです。雑誌や新聞を通して情報を伝える手法は古くから行われていますが、近年はシール・ステッカーが積極的に使用されるようになりました。ロゴは相手の印象に残りやすいため、文章よりも効果的な宣伝ツールとなるわけです。私たちがインターネットで情報収集をするときは、無意識のうちに閲覧するサイトを厳選しています。

デザインがよいページだと、立ち止まって読んでみたくなる人は多いでしょう。シール・ステッカーは相手にインパクトを与えることで、自社に関心を持ってもらうために役立ちます。シール・ステッカー自体には特に意味がなくても、関心を抱いてもらえれば成功です。人が行動するにあたっては興味がポイントであり、興味関心を抱いた事柄に対しては時間を使ってくれます。

シール・ステッカーを活用するにあたっては、互いの役割の違いを把握しておく必要があります。シールは屋内で使用するもの、ステッカーは屋外で使用するものと考えておけば間違いはないでしょう。シールのほうが製作コストが安いので、ステッカーの代用として使用する企業がありますが、シールは雨や紫外線に弱い性質があります。これらの外的刺激によって、短期間でボロボロになってしまうわけです。

ステッカーは外的刺激を受けることを前提に設定されているので、シールよりも長持ちします。ユーザーが使用する場面を想定し、シールとステッカーのどちらにするか決めてください。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です