シール・ステッカーを貼る場所に合わせて選ぶ

宣伝目的や配布用にシール・ステッカーを発注することになった際には、どの場所に貼り付けるのか想定しながら印刷用紙や素材を選ぶ必要があります。特に注意したいのが屋外で使用する場合で、雨水などが原因で簡単に粘着部分が剥がれてしまうことがないように、防水性に優れるものを選ぶことが重要です。防水性が十分にあって粘着力でも優れていながら、剥がす時は軽い力を込めるだけで剥がせるという便利な製品も増えています。雨水に強いものであっても熱には弱い場合があるので、蒸気が発生する場所にシール・ステッカーを貼り付ける際には注意が必要です。

バイクに貼るのに適した製品も数多く販売されており、雨水だけでなく油分に強い製品もあります。企業や商品の名前を宣伝するためにシール・ステッカーを発注する際には、ミラーコートという素材も人気が高く、ツヤの輝きの美しさも魅力の一つです。再剥離糊や冷蔵用糊などを選びながら発注できるのも便利な点で、シール・ステッカーを何度も剥がす必要がある時にもストレスを感じずに使用できます。フィルムの素材によっても特性は大きく変わり、紫外線に強くて簡単に色が落ちないフィルムがある点もチェックしてください。

白インク印刷に対応していない素材もありますから、白色をベースにしたデザインを作りたい時には、よく考えながら素材を選ぶことを推奨します。和風なデザインを採用したい時には和紙を素材として使わせてもらえて、風情のある仕上がりになると好評です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です