シール・ステッカーは用途に合わせて選ぼう

印刷業者にシール・ステッカーの制作を依頼する場合は、それぞれの目的や使い方によって、シールかステッカーのどちらを選択するかは異なります。使いたいものがシール・ステッカーどちらなのかをよく確認したうえで発注すると、目的に合った印刷物が完成します。シールとは屋内で使用するものを指し、店舗などのセール商品に貼り付ける値引きシールや、お菓子やおもちゃのおまけとして付いている販促用のものなどがあります。印刷内容の訂正に使われる訂正シールや、個人情報が見えないように隠す目的の個人保護シールなどもこの部類です。

ステッカーに比べコストが抑えられ、和紙素材などの豊富な用紙があることもシールの特徴で、紙素材で上質紙は筆記することもできます。また。冷凍や高温に対応した特殊糊を施したり、きれいに剥がせる再剥離タイプなどが利用されています。ステッカーは屋外で使用する用途のものを指し、屋外のガラス面や壁面に貼られているものや、車やバイクに貼り付けるものを指します。

屋外で使用するものが多いので、耐侯性や耐水性に優れた素材が使われ、グレード別に何種類かの素材の中から選べます。より効果が優れたものを作りたい場合は、UV印刷という方法を使用する場合もあります。シール・ステッカーは適切な使用用途に合わせて選ばなければ、粘着性が安定せず剝がれてしまったり、色褪せや破損が発生することもあるので注意が必要です。また、正しい素材を選ぶことで価格を下げて格安で印刷を依頼することも可能になります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です