一概にはいえないシール・ステッカーの使い方

海外映画をよく観る人、趣味が旅行という人など、ポスターやシールは見慣れたものといえます。街中に限らず、壁や生活家電に、サイズや文字がカラフルで大きな文字のシール・ステッカーが貼られているポップな部屋、若者の暮らしぶりでなくとも、壮年期の屋外の家財にも取り入れられてあるものです。イメージを抱きやすいシール・ステッカーが、お土産ものや自己主張のために使うアイテムという点があるといえます。訪日の外国人向けで人気の高い漢字ブームとしての熟語のシール・ステッカー、明朝体やひげ文字が、意味までわかっていなくてもデザイン性で選ばれます。

それほどテーマなどこだわる部分の無い、過ごしやすさが第一の生活の中では、「自分にはわかる」収納であればシール・ステッカーはあまり使い勝手が想像しにくいものでしょう。ただ、模様替えや配置換えをするときに、ポスターやタペストリーを変えることで雰囲気を全く違わせて気分転換になるように、手軽に取り替えが楽しめる方法の一つといえるのです。「自分のわかる」収納ボックスに水で貼れるような全面の欧風のデザインシールを貼る、ちょっとした目印用で棚の四隅を覆って一部を分けたワクにする、といった、オシャレにも便利にも使えます。シンプルで好きな色では飽きてきた、落ち着くデザインだが物足りないなどと、目に入ったとき何かを変えたり足したくなったり感じるとき、シール・ステッカーで簡単にできます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です