カレンダー作成で注意すべきこと

企業の宣伝の一つとして毎年カレンダーを作成している企業は少なくありません。年末には当然のように配る営業マンがいるのです。そのこと自体は悪い習慣ではありませんが、効果的な宣伝になっているかを見直してみることが大切です。つまり、より宣伝効果を高める方法がないかと言うことです。

あなたの会社のカレンダーはどのサイズでしょうか。お客様での利用方法はどうなっているでしょうか。不明点が多いなら直接尋ねてみるといいでしょう。大きなカレンダーなら壁に貼って予定表として利用されます。

卓上型なら個人レベルの予定を記入することになります。今年のデザインとして作成されたカレンダーはその目的を果たせるでしょうか。作成費用名ばかりを気にして、実際に使用するシーンをイメージできていなければ、広告としての価値は半減すると考えなければなりません。自分がほしいと思わないものは誰も欲しくありません。

毎月の行事が記載されている印刷物は他にもいろいろとあります。最近はインターネットやグループウェアを使用している企業が多くなりましたから、カレンダーの必要性が低くなっています。電子データとしてスケジューリングしておけばいいだけだからです。また、ネットを利用してグループ内でデータの共有を図ることも多くなりました。

自分だけではなく周りの人との日程の調整が必要なケースは業務の中でたくさんあるからです。これからの時代はどのようなタイプを作成すればいいか難しくなります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です