カレンダー作成の目的

企業は宣伝のためにカレンダーを作成していると思っている人が少なくありませんが、それだけが目的なら社名を大きく表示させるだけでいいでしょう。しかし、現実にはそのようなカレンダーはどこにもありません。つまり、使用する人の立場になって考えなければならないと言うことでしょう。壁掛けタイプの大きなカレンダーと卓上型のコンパクトなタイプがあります。

いずれも日付を確認することはできます。企業が得意先に配るために作成したカレンダーですから、相手に喜ばれることを考えてましょう。毎日の予定を書き入れることで仕事上での重要な役割を果たすことになります。そこにあなたの会社の社名が見えるのです。

毎日見ていると、意外と頭の中に残ります。それが作成のポイントなのかもしれません。極端に目立つ社名を入れるのではなく、見慣れているところに表示するのです。スケジュールを思い浮かべる時に社名も同時に頭に出てくることでしょう。

それが本当の意味での広告です。1年を通して見ていれば、ない方が違和感を感じてしまいます。その状況を作るためにどのようなカレンダーを作成すべきかを考えなければなりません。壁掛けタイプと卓上タイプどちらが相手の会社で使ってもらえるでしょうか。

もちろん、会社の中でも職場の状況によって使い方は変わってきます。どこでも同じとは限りません。お客様のことをよく調べるようにしておかなければならないでしょう。もちろん、それだけで売り上げが上がるわけではありませんから多くを期待しないことです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です