美白肌のためのホワイトニング美容液とは

白くなめらかな肌は日本人にとって美人の条件とも言える憧れの肌です。このような色白肌を目指すために欠かせないのが美白成分入りの美容液です。美白成分とは厚生労働省が認定した美白効果のある成分のみが名乗ることができるものです。さまざまな種類があり、有名なところではアルブチン、カモミラET、エラグ酸、トラネキサム酸、プラセンタ、ビタミンC誘導体などが知られています。

こうしたホワイトニング成分は様々なアプローチでシミやくすみのケアをしていきます。紫外線を浴びた時にメラニンの排出を阻害するものや、メラニンの元となるチロシナーゼの発生を抑えるものなどがあります。現在最も人気のあるホワイトニング成分の一つがアルブチンです。大手化粧品メーカーが開発したこの成分は、多くのコスメに含まれているベータアルブチンと、アルファアルブチンに分けられますが、アルファアルブチンの方が5倍から10倍もの高いホワイトニング効果を発揮しますので、製品を選ぶ際にはどちらのアルブチンが配合されているかチェックしましょう。

アルブチンは美容液としてシミやくすみが気になるパーツに重ねづけして部分使いすることでより効果的に肌の悩みに働きかけることができます。アルブチンは肌の漂白剤とも言われるハイドロキノンを安定化させた安全性の高い成分で日焼け後に出来てしまうシミもケアできるので毎日のスキンケアに美容液として取り入れることで美白肌作りに大きなメリットとなります。ロダンフィールズのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です