化粧水を比較する際のポイント

市販されている化粧品にもたくさんの成分が含まれており、それぞれの悩みに特化した商品も数多く出回っています。化粧水を選ぶ時には、まずは自分が何を求めているのかを明確にし、抱えている肌トラブルを改善するような成分が含まれているかを考える必要があります。

これが化粧水選びで比較する際のポイントであり、同じ成分であっても濃度や肌への馴染み方もそれぞれ異なりますので、その辺りも判断材料になります。肌のくすみや色素沈着を改善したい時には、ビタミンC誘導体の含まれる化粧水がよく効きます。美白成分を比較してみてもビタミンC誘導体が優秀であると言われるのには理由があります。

 

美白できるタイプも色々ありますが、肌中で生成されたメラニン色素を還元する作用か、今後新たなメラニン色素が作られないように抑えてくれる作用かのどちらか一方しか得られないタイプが多いのですが、ビタミンC誘導体なら両方の効能がありますので、改善も予防も同時に行えるのがメリットです。ハリや弾力が失われていると感じるのなら、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンが有効です。これらを比較する場合、もっとも有効なのがセラミドです。

細胞間脂質の約5割を占める成分であり、肌を瑞々しく保つのに必要です。セラミドが豊富にあればヒアルロン酸やコラーゲンの働きを活性化させることにもつながりますので、効率の良いケアが行えます。セラミド自体には水分を抱え込むような働きがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *