シール・ステッカーの利便性やデザイン性をあげよう

現在シール・ステッカーの注文を考えている人も多いかもしれませんが、どのような仕上げが良いのか分からないという人も多いことでしょう。シール・ステッカーにはさまざまな加工方法があり、その方法により、仕上がりが全く違うものとなります。例えば窓ガラスがステンドグラスのようになっている、白いスプレーを吹き付けたような感じになっているものを見たことがある人も多いかもしれませんが、これらはホワイトインクに透明な素材に印刷したシール・ステッカーに当たり、通常の仕上げよりも雰囲気が良くなります。このように工夫次第で、春場所の印象に合わせることができるのです。

裏面の糊で貼り付けをできるものがシールステッカーですが、種類を変更することにより、利便性も大きく高まるでしょう。寒い場所に貼り付けると糊が固まり剥がれにくくなってしまいますが、寒くても固まらないようなものを使えば固まることもありません。長期的に剥がさない目的で作るのであれば強いタイプのものを、剥がした時に跡を残したくなければ貼ってはがせるものがお勧めとなります。シールステッカーはカットを印刷と合わせて依頼できる印刷会社もあります。

通常であれば四角や丸などの形が主流となっていますが、デザインに合うカットをすることで一味違う印象に作り上げることができるでしょう。どのような形に対応してくれるのかは異なりますが、複雑な形状となると一般的にはカットが難しくなります。しかしデザインのシルエットが複雑であったとしても、大きく縁取りをするような加工であれば、対応できるところも多いでしょう。シール・ステッカーのことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です