シール・ステッカーに問われる条件とは

シール・ステッカーは専門会社に制作してもらいますが、各社によって価格と品質が異なります。一般的に大手企業向けのシール・ステッカーを制作している会社は、高度な技術を有しています。例えば、シールはどれも同じと思うかもしれませんが、材質によって耐用年数が数か月~数年というように大きく変わるのです。ステッカーは特に耐久性が問われるので、数年の耐用年数があるものが好ましいです。

バイクのヘルメットに貼り付けるとなれば、3年以上の耐久性は必要でしょう。すぐに破れてしまうようでは、頻繁に買い替えが必要になります。そうして考えれば、価格が少しくらい高額であっても、耐用年数が長いタイプのほうがお得です。シール・ステッカーは目立つことが何より大切になります。

目立たなければ気づいてもらうことはできず、そうなれば使用する意味がありません。赤いパッケージの商品に貼るのであれば、同色では目立たなくなります。シール・ステッカーの色は白にするなど、商品との配色バランスが重要になるわけです。販売促進や営業ツールとして役立つシール・ステッカーですが、商品を管理するうえでも重宝します。

例えば、あんとクリームのたい焼きを区別する場合などに役立つわけです。目印がなければ外側から見るだけでは判断できません。相手に気づいてもらえなければ、存在しないのと同じことになります。それゆえ目立つこと、インパクトがあることが重要になるのです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です