美白美容液を効果ごとに使い分ける

美白美容液の成分には大きく分けて、既に出来たシミをケアするものと、これからできる未来のシミを予防するものに分けられます。こうした機能の違いを知って美白美容液を選ぶことは毎日のスキンケアを効果的に行うために欠かせません。鏡を見るたびにため息をついてしまう、今あるシミをケアしたい場合に効果的な成分がビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体はメラニンを排出する酵素であるチロシナーゼを抑制する効果があり、同時にシミのもとである色素メラニンを還元する働きがあります。

肌に優しく刺激が少ないので肌質を選ばずに使えるというメリットがあります。またプラセンタエキスも今あるシミケアに使いたい成分です。チロシナーゼを抑制する働きの上に、新陳代謝を活性化して肌の生まれ変わりをサポートするアンチエイジング効果も見逃せません。美肌作りをトータルにサポートしてくれます。

ハイドロキノンは大変効果の高い肌の漂白剤とも呼ばれる成分です。使用にあたっては医師の診断や詳細な説明が必要ですが、効果は大変高く特にホワイトニングに関心のある女性を中心に使われている成分です。また肌に優しい生薬成分の甘草エキスもシミの元となる酵素を抑制する働きがあり、今あるシミをケアしてくれるものです。一方で今あるシミだけでなく、将来のシミも予防してしまおうという成分もあります。

その代表がアルブチンです。酵素チロシナーゼを抑制する効果が高く特にアルファアルブチンは従来のベータアルブチンの10倍近くの美白効果、浸透効果が期待できる、人気の成分です。シミになる前に使いたいホワイトニング美容液の成分としてこの他にルシノールやトラネキサム酸、エラグ酸などがあり、さまざまな美白成分の効能を知って使い分けることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です