美白美容液の効果は浸透する力で決まる

美しい白い肌は日本人にとって美人の条件とも言える憧れの肌です。こうしたホワイトニング効果のある成分は厚生労働省が認定したもので、それぞれのアプローチでシミのもととなるメラニンの排出をセーブしてくれます。ただ、こうしたホワイトニング成分は肌にしっかりと浸透しなくては十分その効果を発揮することができません。美白美容液を選ぶ際にはそうして浸透力にも注目する必要があります。

ホワイトニング成分としてよく知られているビタミンCはメラニンの排出を防いだり、紫外線による活性酸素の還元をしたりととても効果的な成分ですが、実はそのままではなかなか肌に浸透していかない成分です。肌表面にとどまっているだけでは働かないこの成分はビタミンC誘導体という形で美容液に配合されてより高い浸透力を身につけることができるのです。他の成分に関しても各コスメメーカーが日々研究をしていかに肌の奥まで浸透させるかということに心を砕いているのです。その一つが成分のナノ化です。

美白成分の構造をより小さくすることにより、肌に浸透しやすくしていくというもので、より高いホワイトニング効果を発揮することができます。また美白成分をマイクロカプセルとして美容液に配合しているメーカーもあります。カプセルという安定した状態で肌の奥に送り届け、そこで美白成分を浸透させることができるので、高い美白効果を発揮する事ができるのです。ホワイトニングコスメ選びの際はそうした浸透力にも注目して選ぶことがポイントとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です