化粧水に配合されている成分を比較

保湿効果が良い上に安全性の高い、二つの化粧水を比較すると新しい発見が見えてくる可能性があります。例えばグリセリンとハチミツをメインに配合した化粧水と、天然ヒアルロン酸とエラスチンを多く配合した化粧水があるとします。比較するならば、前者のグリセリンとハチミツをメインに配合した製品は原価が安く、ロープライスで手に入ります。しっとりとした感触があり、ドライスキンの方には向いている製品になります。

次に天然ヒアルロン酸とエラスチンを多く配合した製品は前者の化粧水よりも、美容には効果的であり、ヒアルロン酸とエラスチンは皮膚に元々存在する成分です。後者の製品を皮膚に塗布すると皮膚が似通った成分と反応します。よってエイジングケアとしても効果を発揮しますが、使用している成分の原価は高めな為、ロープライスでは手に入らない事が多いのです。再度、ここで比較すると、前者の製品はロープライスで保湿効果は高いですが、皮膚に含まれている成分は微量です。

使用感はしっとりしますが、言い方を変えるとべたつき感があるという事になります。元々、グリセリンやハチミツは粘度が強いため、べたつき感は仕方のない事です。後者の化粧水は少しお高いですが、エイジングケアとしても効果を発揮して、皮膚に弾力を与えます。シンプルに皮膚を潤すだけではない為、前者とは違う作用もあります。

しかし、言ってしまえば両者の製品はメリットがあり、保湿出来る事に一切変わりはないのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *