化粧品のサンプルで肌トラブルが起きた場合

街や特定の店舗では化粧品の魅力を知ってもらうためにサンプルを配布しています。サンプルなので量が少なく、多くの人がパッチテストを行わないでそのまま顔に使います。しかしサンプルでも肌に合わない時はかぶれを起こすので注意が必要です。化粧品かぶれには2種類あります。

ほとんどの場合に当てはまるのが刺激性かぶれで、生理前など肌の状態が不安定な時に化粧品の刺激を与えることで炎症を引き起こします。薬事法によって国内の化粧品には刺激の強い成分を使うことはできません。しかし肌のバリア機能が乱れると、それすらも刺激となって赤みや湿疹などの症状が現れます。サンプルなので使い切って、それを再び使うことはありませんが、かぶれている間は洗顔もぬるま湯だけで行い、スキンケア用品も使いません。

乾燥がひどい時は薬局や皮膚科で入手できる白色ワセリンで保湿します。一方アレルギー性かぶれもあります。肌の調子が良くても、特定のアレルゲンが含まれているとそれに反応して発症します。湿疹や唇の水泡、生え際の炎症などがあり、発症する人は少ないですが重度の症状が出やすいです。

洗顔料のラウレス硫酸ナトリウムやラウリル硫酸ナトリウム、防腐剤、乳化剤、着色料など様々な成分がアレルゲンとなりうるので、皮膚科でアレルギー検査を受けます。結果によって使用できない成分が分かるので、今後の発症を予防できます。症状に対してはステロイド剤で治療するのが主流です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *