エイジングケア化粧品を使う前に

年齢肌の悩みを解消するために、エイジングケア化粧品をお使いの女性は多いようです。それによって肌悩みが解消すればいいですが、いまいち効果を実感できない方も多いようです。正しく使っているのにあまり効果がないのは肌に合っていないなどの理由も考えられますが、それ以外に考えられることがあります。それが洗顔法です。

エイジングケア化粧品で不足している成分を補給しても、洗顔法、特にクレンジング方法が間違っていると、効果を実感できません。メイクを落とし切れていない状態の肌に有効成分を乗せてもしっかり吸収できるはずがないからです。そこで正しいクレンジング法について見直してみましょう。クレンジングで多いのがオイルクレンジングです。

濃いめのメイクでもしっかり落とせることから、愛用している方も多いようです。使い方としてはメイクをした肌に乗せてなじませて洗い流すわけですが、ここで注意したいのが乳化です。オイルをメイクとなじませて、そのままお湯で洗い流す方が多いですが、これではメイクがしっかり落ちません。オイルで落とすには乳化という作業が必要になります。

オイルをメイクになじませたその後、手にぬるま湯を付けるとオイルが白くなります。この手でクレンジングすることで、メイクとオイルがなじんで初めてクレンジングできるのです。それからぬるま湯で洗い流して洗顔料でオイルもきれいに洗い流して終了です。正しいクレンジング法を実践することで肌の調子が整います。

その上でエイジングケア化粧品を使えば、成分を浸透しやすくなり、効果を実感できるはずです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *