プログラミングをスクールで学べる?

プログラミングをスクールで学べる機会が増えてきました。

昔はそもそもパソコンが高価だったので、一部の人しか購入できませんでした。一般家庭にパソコンが普及するようになって20年程度経過します。その途中でスマートフォンが普及し、パソコンの保有率を超えました。とある調査によると、大学生の6割前後はパソコンを保有しているが、スマートフォンの保有率は100%に近いそうです。このように、一般人のほとんどはパソコンもしくはそれに似た機具を扱っているという状況です。今後はますます普及していき、こういったツールを使いこなすことはほぼ必須の時代が来ると予想されます。

「パソコンを使いこなせたら就職や仕事で有利になる」という時代から、「パソコンを使いこなせないと話にならない」という時代になっていくかもしれません。そういった時代の変化の中で、プログラミングのスクールの需要は増しています。プログラミングはもはや機械マニアが独学で勉強するという時代ではなくなってきています。

機械マニアの人は独学でもプロ並みのスキルを習得してしまうこともあります。それだけ熱意や興味・関心が強いということは勉強において大切なのです。それほどの熱意・興味がないけど一応身につけておきたいという一般人の人は、スクールへ通わないと習得は難しいでしょう。学校や研修は勉強だけをする場所ではありません。受講者同士でわからないところを教えあったり、情報交換をする場所でもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *