プログラミングスクールのレッスン形式

プログラミングスクールと一口に言っても色々なところがあるので、自分に合っているところなのかどうかちゃんと判断して入校しないと、後から「こんなはずじゃなかった」と不満を漏らすことになります。

まずプログラミングスクールは、ざっくり分けて集団講義形式でレッスンするところと、マンツーマンでレッスンを行うところがあります。それぞれにメリット・デメリットがあるため、自分の適性を考えて選択しなければいけません。集団講義形式の場合は、一緒に学べる仲間ができる、費用が安い傾向があるなどのメリットがありますが、質問がしにくかったり、学習ペースを自分で決められないなどのデメリットもあります。

特にレッスン内容を消化しきれずに学習についていけなくなった時は辛いことになります。周囲の人たちはできているのに、自分だけできないというような状況に追い込まれたりすると、いたたまれなくなって挫折なんてことにもなりかねません。集団講義形式を選択するときは、レッスンについていけるように、しっかりと予習・復習を欠かさないようにしましょう。

マンツーマンレッスンのプログラミングスクールは、マイペースで学習を進めていけたり、講師に質問しやすかったりするメリットがありますが、他の受講者との交流が少なかったり、料金が高めなどのデメリットがあります。集団講義形式とマンツーマンのどちらがいいのか分からないときは、体験レッスンなどを活用して実際の雰囲気を感じてみるのも悪くありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *