プログラミングスクールを利用する前に行うこと

2020年から、小学校の授業にプログラミングが入ることになっています。

ITやAIの業界において人材不足があり、その対応ということなのですが、こうなると数年後には子供からプログラミングを教えてもらうケースも出てきそうで、慌てて学習を始めたという親御さんもあるいは多いのではないでしょうか。プログラミングを学習しようとして書店に行き、本の中身を見ただけであきらめてしまったという経験はないでしょうか。そうです、多くの教則本は難しく書かれていることが多く、まず言葉の意味や理解から始めないといけないのです。

またカタカナで表記したり、英語で表されていることも多いので、なかなか理解が進みません。いきなりプログラミングスクールに通ったり、オンラインスクールで勉強したとしても、予習をしない限り深い理解はできないと推測します。家庭教師のように一対一で教わる形式のスクールがおすすめですが、オンラインのマンツーマンシステムは確かに一対一ですが、毎回講師が変わって質問しにくいといったこともあります。同じ講師から長く教わるから親密度が上がり、質問しやすい環境ができるわけで、もしプログラミングスクールやオンラインで学ぼうと考えている方は、無料体験レッスンなどを受講してみることをおすすめします。

仕事で必要に迫られて勉強が必要なら短期間で習得する必要がありますが、そうではなくプログラムの概要を知るということであれば、まずは一番分かりやすい子供向けの教則本を入手し、その読解から始めることが理解の近道です。2020年から始まる小学生用の教科書が入手できるのであれば、それに沿って学んでいけば良いのです。言葉も平易なものが選択されていると考えられますから、習得進度は遅くとも、確実な理解が得られるはずです。そうして予習した上でスクールに通えば、目ざましいスピードで知識や技術を習得できるようになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *